「おいしい、あんしん」の食材をお届けします
MENU

社員の声

営業部 営業2課(2011年入社)

担当業務について
現在は、梅田エリアを中心に営業担当として活躍。お客さまからのニーズを丁寧に汲み取り、即時かつ安定の食材提供に繋げるフォロー営業をはじめ、新たな商材の提案や新規顧客の開拓、企画商材の提案など、多岐にわたるフィールドで業務を展開しています。
入社のきっかけは
契約社員として量販店の食品部門に勤めながら、正社員を目指して転職活動を続けていた私。そんなある日、転職サイトで見つけたのが神戸まるかんでした。当時従事していた仕事と同じ「食品を扱う」会社ということもあり、迷わず応募。採用面接時には、私の想いを親身に聞いてくださる面接官の方々に、結構いろいろ話しましたね。気さくな雰囲気が、非常に好印象だったことを覚えています。
配属後、心に残った出来事・エピソード
入社後、まず最初に担当したのは京都エリアでした。それまで営業経験が無かった私は、既存顧客への対応の仕方はもちろんのこと、営業として気を配らなければいけないことが何なのか、解らないことばかり。幾度となくその当時の上司に注意を受けました。営業としての結果も思わしくない状態が続き、辛い時期もありましたね。現在の担当エリアである梅田地区への配置換えが、転機でした。営業としての知識や経験も追いつき、結果につながるようになってきました。京都時代に鍛えられた経験が、今生きているのを実感しています。
入社希望者のみなさんへメッセージ
今、神戸まるかんが活躍できるフィールドはますます拡大をつづけています。ホテルや外食産業への食材提供をはじめ、量販店やスーパーへの食材提供、企画惣菜の提案など、営業マンそれぞれがお客さまと一緒に「食べる喜び」を創り出せるところが、この仕事の魅力だと思います。提案した食材が採用される瞬間は、本当にやり甲斐を感じますよ。自分が輝くフィールド、神戸まるかんで一緒に見つけましょう!

業務本部 業務部(2014年入社)

担当業務について
現在は業務本部にある業務部に所属しています。 業務部の担当する内容は、商品の入荷・出荷の管理です。営業と連携して出荷伝票の処理を行ったり、仕入れ課と連携して入荷商品の確認・処理を行ったり。事務的な仕事がほとんどですが、私たちがしっかり間違いのない仕事を進めることで、全体がスムーズに回るようになる。部署間の連携を裏方から支えるような役割、というイメージです。
入社のきっかけは
住宅関係の飛び込み営業として社会人キャリアをスタートさせた私。休みなく働き続けるような毎日の繰り返しの中、住宅営業特有のストレスを感じながら、「ずっと続けられる仕事ってなんだろう」と考えるようになりました。そんな時、神戸まるかんの採用情報を見る機会があったんです。食品を扱う業界にも興味が湧きましたし、なにより自宅から近いのが魅力でした。そこで思い切って応募し、現在にいたります。
配属後、心に残った出来事・エピソード
入社当初に担当していた経理業務は、納品を終えた営業さんからの伝票を処理するのが主な仕事。そして今担当している業務部は、商品の出荷に携わる仕事なんです。商品の流れを最初から最後まで、伝票処理を通じて見せてもらえる場所で経験を積めたことは、会社を理解する上でとても大きなことだったと思っています。同じ作業の繰り返しのように見える日々の業務も、全体の流れをイメージしながら行うことで、より効率よく進めることができるようになったり。自分なりの達成感を日々感じながら、仕事に打ち込めています。
入社希望者のみなさんへメッセージ
私は食品業界は全くの未経験で入社しましたが、先輩社員の皆さんから気さくになんでも教えてもらえる環境で、無理なく仕事を覚えていくことができました。女子社員も増えてきて、仕事やプライベートの隔てなくコミュニケーションを取りやすい現在の職場環境は、とても好印象です。それから会社で扱っている美味しい食品商材を、社員価格で買って帰れるところも嬉しいポイント。美味しいんです!本当に。

業務本部 仕入課(2015年入社)

担当業務について
営業から仕入先へ様々な食材の仕入れ依頼があるのですが、それらの情報を一旦私たち仕入課がまとめた上で、それぞれの仕入先業者さんへ発注するのが私たちの仕事です。仕入先業者さんとのコミュニケーションは、ほぼ毎日のようにとっています。前職で接客業をしておりましたので、いろいろな方とお話しする機会を楽しみながら業務を進めることができています。
入社のきっかけは
前職では、別業界の接客業に6年間従事していました。私は、結婚後もずっと仕事は続けていたいと考えていましたので、家からも近くて通勤しやすく、勤務時間も不規則にならない事務職での募集情報を探していたんです。転職サイトで見つけた神戸まるかんの募集は、私の希望にピッタリでした。仕入課の仕事は外部とのコミュニケーションの機会も多く、想像以上に充実した毎日を過ごしています。
配属後、心に残った出来事・エピソード
当社営業の皆さんはお客さまから毎日さまざまな依頼や相談をを受けるのですが、例えば新規メニューに必要な食材の手配を任され、それを私たち仕入課で業者さんと連携して、お客さまをお待たせすることなく商品を供給できたとき、またその商材オーダーを引き続きコンスタントにいただけるようになった時などは、すごくやり甲斐を感じますし、印象にも残っていますね。
入社希望者のみなさんへメッセージ
食品を扱う業界で、なおかつ海鮮商品が主力の当社では、普段の業務をこなす上で覚えておきたい専門用語などが結構たくさんあります。覚えることは多いですが、私も含めて元々飲食業界ではないところから入社されるかたが多いのも、当社の特徴です。先輩社員が丁寧に教えてくださるので、新卒のみなさんはもちろん、異業種の経験はあるけど、食品や飲食業は未経験、というみなさんでも大丈夫。安心して働いていただけると思います。

東京営業所勤務(2018年入社)

担当業務について
新設された東京営業所の事務職を担当。神戸まるかん本部との連携をはじめ、営業スタッフの業務サポート、また東京営業所における新規事務スタッフの育成等、その業務は多岐に及びます。また水産商材を取り扱う上で、本部のある関西と関東では取引市場のルールに地域的な違いがあるため、それらの相違点を調整の上、東京営業所独自の業務スタイルを考える必要もあります。本部のスタッフの皆さんとも連絡を取り合いながら、そういった様々な業務に挑戦しています。
入社のきっかけは
2018年10月より親会社より当社に業務移管が行われました。それまでの親会社においては、営業職として活動してきました。得意先との折衝や産地視察など様々な体験を経て、現在の業務の担当事務職として1年間の経験を積んでいたこともあり私が任命されました。
配属後、心に残った出来事・エピソード
東京営業所は当社にとって新たな営業所でしたので、もちろん立ち上げ当初は事務のスタッフも私一人。私にとってはさまざまな処理に用いる業務システムも、今までの会社とは違った仕組みのものでしたので、慣れるまではやはり大変でした。ただ、本部から事務の方が応援にきてくださって、システムのレクチャーをしていただいたり、神戸まるかんの業務の流れを詳しく教えてくださったので、すごく心強かったですね。
入社希望者のみなさんへメッセージ
東京営業所はまだまだ新しい組織です。スタッフ数も多くはないので、事務所の雰囲気は本当に和気あいあい。分からないことなどもその場で聞ける環境で、働きやすい職場だと思います。業界未経験の方でも、多少の慣れや覚えるべき知識はありますが、安心して取り組んでいただけると思います。私たちと一緒に、新しい東京営業所を作っていきましょう。

営業部 流通課(2010年入社)

担当業務について
毎朝、配送予定の伝票を確認の上で担当営業ごとの出庫商材を準備し、配送を円滑に進めるサポートをしています。私自身が配送に出ることも多いですね。私たちが手際よく出庫商材を用意することで、営業のみなさんが気持ち良く朝の出発を迎えることができるため、非常に重要な役どころだと考えています。また、入庫・出庫に合わせて庫内の商材数管理、チェックも行います。
入社のきっかけは
食品関係の仕事には幼い頃から就きたいと考えていました。一度別の業界で社会人として働き始めたのですが、やはり夢は捨てきれず、1年近くの間、職探しの期間を過ごしました。そんな折、たまたま新聞の求人情報で神戸まるかんの募集記事を見つけて応募に至った、という経緯です。採用の連絡を電話でいただいたのですが、やっとやりたい仕事に就けるという思いで、本当に嬉しかったことを覚えています。
配属後、心に残った出来事・エピソード
私は入社後、営業課から生産部を経て現在の流通課で仕事をしているのですが、流通課で現在の仕事に就いてしばらくしたある日、担当営業さんの代わりにお客さまへ商品プレゼンをする機会があったんです。過去に営業課での仕事も経験していたとはいえ、やはり緊張しました。結果お客さまに気に入っていただけて、無事商品を採用していただけまして。本当に嬉しかったですね。担当営業さんのサポートという意味でも、あれは印象に残っています。
入社希望者のみなさんへメッセージ
神戸まるかんは、いろいろな部署のスタッフがサポートし合いながら、一丸となって仕事ができる会社です。コミュニケーションも活発にとれるので、そのつながりをより実感できるのかもしれません。外食産業や量販店などで、私たちが提案した食品を見る機会、味わえる機会に出会うたびに「自分たちの仕事」を実感でき、なんとも言えない充実感があるんです。 神戸まるかんならではの「やりがい」を、ぜひ私たちと一緒に体験してみてください。

生産・貿易本部(2019年入社)

担当業務について
現在は、工場内にて食品の生産加工に従事しています。食品加工工程では、当社社員の他に外部委託のスタッフ40人〜50人ほどがさまざまな加工工程を分担しておりますので、随時各スタッフに指示を出しながら、工程全体を把握し進めていくのが、私たちの業務になります。
入社のきっかけは
私はもともと、こちらの生産工場で食品加工のアルバイトをしていました。派遣会社から紹介してもらい、アルバイトとして勤め始めたのですが、社員さんの対応も親切で「働きやすい職場だなぁ」という印象でした。待遇面でも他の仕事よりずっと条件が良くて。勤め始めて1年が過ぎる頃、社員さんからお声かけをいただき、正式に社員として入社させていただいたんです。
配属後、心に残った出来事・エピソード
入社後は、従来同様の生産加工の現場への配属とはなったのですが、自分でも驚くほど、「仕事に対する意識」は変わりました。今までは、実際に手を動かしながら、指示された加工作業を行なっていましたが、今度は現場の指揮をとりながら、たくさんのスタッフに動いてもらわなければならない。先のスケジュールを把握した上で、進行するペース配分も考える必要がありますので。生産部が担う責任の重さを、やはり実感しています。
入社希望者のみなさんへメッセージ
食品工場と聞くと、一般的には生産レーンを流れる単純作業の繰り返し、という印象を持たれる方も多いかと思いますが、神戸まるかんの生産現場は一味違います。フレキシブルに組み替えられる工場内では、内容に応じて様々な調理が行われており、まるかん秘伝のレシピに基づいて「あっ」と驚くような調味だれが生産されたりもします。新しく世の中に出ていく新メニューをいち早く見ることができるのも、まるかん生産部ならでは。ぜひ一緒に、面白い仕事をしましょう!