まるかんろせいでは、原料栽培・買付から、お客様へ製品をお届けするまでグループで一貫した 品質・安全管理を行い、「おいしい、けんこう」な食材を、お届け出来る体制を整えています。

1.原料栽培・原料買付

 

例1)大根おろしの原料大根の場合
農家との契約栽培を行っています。播種から収穫まで栽培記録で管理し成長状態を記録します。

 

例2)バナメイ海老の場合

東南アジアからの原料は、産地の工場から養殖記録を入手し定期的に、まるかんろせいの社員が産地を訪問して、現場での検査を行っています。

 

2.原料搬入

 

自社内で残留抗生物質、残留農薬の検査が出来る体制を整えています。使用する原料は、先ず、品質保証部で検査を行い、安全である事が確認された後、工場倉庫へ搬入します。

 

3.製品加工

 

中国工場(魯星集団・煙台緑美食品)では、HACCP、ISO9000、ISO14000を取得しています。EU向け水産物認証も受けています。 製品加工後に品質保証部で検査(残留農薬、残留抗生物質、一般生菌数、食中毒菌)を行っています。 又、加工責任者及び日本魯星のスタッフが毎日、官能検査を行っています。使用する水は、濾過殺菌設備を全工場に設置しており、 安全な水を使用して加工を行っています。

 

4.製品輸出

 

製品輸出時には、自社検査に加えて、政府機関(CIQ)の検査も受けています。

 

5.製品輸入

 

製品輸入時には、厚生労働省から指示された検査を行います。
(一般生菌数、残留抗生物質、残留農薬、動椊物検査、貝毒検査など)

 

6.製品通関完了

 

通関が完了した製品は、日本魯星、神戸まるかんの社員が、検品や検査を行い、製品に問題無いか、チェックを行います。

 

7.納品

 

関西圏では、神戸まるかんの自社便で、決められた温度帯で配送を行います。